全加工食品で原産地表示=政府へ答申

朗報です。これが実現すれば食の安全が増しますね。
全加工食品で原産地表示=政府へ答申、22年完全実施−消費者委
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081001175&g=sochttps://www.jiji.com/jc/article?k=2017081001175&g=soc

今まで加工食品の原産地表示はありませんでした。
それが2022年からは 外国産の原材料は原産国を表示。
国産の場合は「国産」もしくは県名や地名を記載する。
原産国が複数の場合は、重量の割合が多い順に並べる。
3カ国目以降を「その他」と表示することができる。
という風に変わります。

今まで日本で作られてはいてもその原材料はどこの産地か
分からず不安でした。これでかなり分かりやすくなりました。
完全ではなくても進歩です。なるべく日本産の原材料を
選びたいし。

ただし国産と言っても安心はできません。
例えばイオンのトップバリューの豆腐ですが
大豆(国産)
凝固剤(塩化マグネシウム)
グリセリン脂肪酸エステル
炭酸カルシウム
レシチン(大豆由来)
炭酸マグネシウム
シリコーン樹脂
大豆は国産でも余計なものがたくさん入っています。
そして安い、余計なもので嵩を増しているんですね。

本物のお豆腐は大豆(国産大豆)凝固剤(塩化マグネシウム にがり)
この二種類だけでつくるのが本物です。

お値段は高くなるけどでも人の体は食べ物で出来ています。
食べ物には安全性が第一安全なものは美味しいです。
posted by ロハス at 17:47 | 日記