香川で鳥インフル 自衛隊出動

香川で鳥インフルエンザが発生し、多くの鳥が殺処分になりました。
懸命に養鶏に取り組んでいた農家はお気の毒です。

愛媛に続き香川では初の鳥インフルエンザ。
愛媛の加戸元知事が四国での口蹄疫や鳥インフルを防ぐ為
獣医学部を新設し獣医を増やしたいと言ったのはまさに
先見の妙でした。とにかく獣医や職員が足らない。

そこで出動したのが自衛隊です。
四国に展開する陸上自衛隊第14旅団長が出動しました。
マスコミは言わないけどこんな事にも自衛隊は国民の為
働いています。むろん今回だけでなく、これまでに何度も
自衛隊が出動しているそうです。感謝 !

政府は「鳥インフルエンザ関係閣僚会議」を開き
安倍首相は「関係各省が緊密に連携し、
徹底した防疫措置を迅速に進めること」を指示。

民主党政権が発足した途端、宮崎で口蹄疫が発生しました。
大変な被害がでたのに最初マスコミは報道さえせず
民主党政権はほとんど対策を取りませんでした。
当時の赤松農水大臣はキューバに遊びに行って帰って来たのは
随分後でしたよ。カストロに会いたかったんですって。

安倍内閣が長続きするのは、やはり民主党内閣とは違うからですよ。


posted by ロハス at 17:35 | 日記