羽生結弦選手 仙台袴で国民栄誉賞授与

羽生結弦選手が羽織袴で国民栄誉賞を授与しました。
よくお似合いですね^^
羽生選手の袴は最高級絹織物「仙台平」の人間国宝で染織家の
甲田綏郎氏から贈られた逸品。さすがにものが違いますね。

羽生結弦に国民栄誉賞授与 凛々しい紋付き袴姿で笑顔
「自分だけで取れるものではない」 記念品は辞退

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000078-spnannex-spo

羽生結弦選手のコメントを聞くと相変わらず、謙虚で
とても周囲に気を使い責任を負っていると思います。
ちょっと痛々しいほど責任を感じ周囲に配慮している。

まだ23の青年らしくもっと伸び伸びしてもいいんだけど。
でもそれを背負っていける強さがあるんでしょうね。

昨日ファンタジーオンアイス静岡のショーをテレビで見ました。
羽生選手の新エキシ「春よ来い」は素晴らしかった。
金沢で私が見たのとは違う作品で、珠玉のように美しい。

肩が氷に触れそうなハイドロブレーディングや
長く続くイナバウアー、滑りもとてもなめらかで、
音楽を奏でているみたいでしたね。

そして高橋大輔さんが現役復帰するんですね。
「自分自身のためだけにやっていきたい。楽しみ」
もう充分に成功し、フィギュアに貢献した高橋さんだから
自分自身の為ににこころゆくまで楽しんで欲しいですね。


posted by ロハス at 19:11 | 日記